一度に複数の変数を force する

カテゴリ: R
結論 force(list(a, b, c, ...)) とすればいい. f <- function(a, b, c, ...) { force(list(a, b, c, ...)) # 先に評価したいものから list に入れる 10 } f() #> Error in force(list(a, b, c, ...)) : argument "a" is missing, with no default f(stop("a でエラー")

読む →

captioner を魔改造してみた

カテゴリ: captioner
はじめに 実装 captioner を初期化 キャプションを振る時は相互参照に利用する名前を id に流用 参照する時は相互参照に利用する名前をリンクにする 図をテスト plot() 表を

読む →

S3総称関数の引数の既定値はメソッドに渡らない

カテゴリ: R
Error と周辺の挙動 f <- function(x, n = 1, ...) UseMethod("f") f.default <- function(x, n, ...) n f(NULL) ## Error in f.default(NULL): argument "n" is missing, with no default てっきり f(NULL) を実行すると,既定で n = 1 だから, f.default(x = NULL, n = 1) が呼び出されるとば

読む →

furrr パッケージで R で簡単並列処理

カテゴリ: R
インストール 読み込み 使い方 シングルスレッド (strategy = sequential) マルチスレッド (strategy = multiprocess) コア数を変更 乱数を固定 プログレスバーを表示 出力の型 furrr パッケージを使うと purrr

読む →